ベータ版

Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカン、サンタ・マルタ館でのミサ 2018年9月6日 教皇フランシスコ、バチカン、サンタ・マルタ館でのミサ 2018年9月6日  (Vatican Media)

ペトロのイエスの弟子としての最初の一歩とは

教皇フランシスコのサンタ・マルタ館の朝ミサから ...... 2018年9月6日

9月6日、教皇フランシスコは、バチカンのサンタ・マルタ館の礼拝堂で司式されたミサで、ルカ福音書の、イエスがシモン・ペトロら、漁師を弟子にする場面(ルカ5,1-11)をめぐり、説教を行われた。

このエピソードで、イエスはゲネサレト湖畔で、網を洗っていた漁師たちの一人、シモンの船に乗り、『沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい』と言うが、シモンは、『夜通し苦労して何も取れませんでしたが、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう』と答えた。

そのとおりにすると、大量の魚がかかり、網が破れそうになった。驚いたシモン・ペトロは、イエスの足もとにひれ伏し、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言った。

教皇は、このエピソードと併せて、イエスがその復活後に再び弟子たちの前で行った奇跡の大漁を思い起こしつつ、どちらの奇跡においても、イエスはペトロに「あなたは人間をとる漁師になる」(ルカ5,10)、「わたしの羊の世話をしなさい」(ヨハネ21,16)と、司牧者としての任務を託していることを指摘された。

また、教皇は、イエスはシモンをペトロと呼ばれたが、ペトロは名前を与えられたことは、使命を与えられたということと理解していた、とも話された。

「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」というペトロの言葉は、イエスの弟子としての歩みの第一歩であったと教皇は述べ、イエスに仕え、イエスに従うためには、自分の罪深さを知らなくてはならないと説かれた。

わたしたちは「自分は人間です」「わたしはイタリア人です」というように、「わたしは罪びとです」と、当たり前のように言うことに慣れてはならないと教皇は注意。

自分を批判するには、神の前で自分の惨めさを知ることが必要であり、ペトロがイエスに「わたしから離れてください」と言った時、彼は本当に自分を罪深く感じていたと話された。

そして、ペトロは罪びとであると自覚していたからこそ、イエスに救われたと感じることができたと語られた。

神の存在に驚き、自分を罪びとと自覚し、ペトロのように「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言える恵みを願うよう、教皇はミサ参列者らに招かれた。

06 9月 2018, 16:36
すべて読む >