検索

Vatican News
「アマゾン周辺地域のための特別シノドス」ブリーフィング 「アマゾン周辺地域のための特別シノドス」ブリーフィング 

アマゾン特別シノドス:2週目、グループ別会議の成果を報告

「アマゾン周辺地域のための特別シノドス」の2週目半ば、言語別グループ会議の成果が報告された。

「アマゾン周辺地域のための特別シノドス」は、2週目にあたる、10月16日(水)の午前と午後、また、17日(木)の午前にわたり、計3回の言語別グループ会議が行われた。

17日午後に開かれた第13回全体会議では、スペイン語5、ポルトガル語4、イタリア語2、英語およびフランス語1の、計12グループによる小会議の成果が、12の報告書となって、シノドス事務局長に手渡された。

これらの報告書の柱となるテーマは、主に次のようなものであった。

・アマゾン特別シノドスが持つ、教会全体への普遍性

・貧しい人のための教会

・あらゆる暴力への反対

・人権の保護状況を監視する、教会による国際的組織設立の提案

・教会における役務、信徒の役割に対する再考察

・女性と助祭

・司祭の独身性の価値と、既婚者司祭叙階の問題

・召命の危機と司祭育成

・文化間対話とインカルチュレーション

・移民問題

・若者の司牧

・被造物の保護、エコロジー

・宣教性

・アマゾンの殉教者

・アマゾン地域とマスメディア・広報の関係

10月18日(金)、19日(土)は、最終文書草案に向けての基礎作業のために、会議は行われなかった。

21 10月 2019, 19:40