Cerca

Vatican News
バチカンで開かれたアマゾン周辺地域テーマのシノドス、全体会議 2019年10月7日 バチカンで開かれたアマゾン周辺地域テーマのシノドス、全体会議 2019年10月7日  (Vatican Media)

「聖霊に導かれ新たな歩みの探求へ」事務局長、シノドスの概要を説明

「アマゾン周辺地域のための特別シノドス(世界代表司教会議)」について、同会議の事務局長、ロレンツォ・バルディッセーリ枢機卿により概要説明が行われた。

「アマゾン周辺地域のための特別シノドス(世界代表司教会議)」の2日目、10月7日、同会議の事務局長、ロレンツォ・バルディッセーリ枢機卿により、今シノドスの概要説明が行われた。

バルディッセーリ枢機卿はシノドスホールで開かれた全体会議の席で、「聖霊の導きのもと、新しい歩みを求めて、進んでいこうではありませんか」と参加司教らに呼びかけた。

同枢機卿は、「アマゾン、教会と統合的エコロジーのための新たな歩み」をテーマにしたこのシノドスの二つの目的を説明。

一つは、このシノドスが、宣教の地としてのアマゾン地域における、福音のインカルチュレーションのために、その地の文化に適合した方法を見つけて行くという、教会にとっての本来的な挑戦を意味していること。

もう一つは、このシノドスを通して、深刻化しつつある環境問題に、「統合的エコロジー」の観点から答えつつ、この課題と向き合っていくこと、を目的として挙げた。

そして、同シノドスの歩みを方向づけるものは、教皇フランシスコも述べているとおり、「しばしば忘れ去られ、熱帯雨林の危機などによって、安定した未来を見通すことができない、先住民族を始めとしたアマゾンの人々のために、福音宣教のための新しい道を見出す」努力であると話した。

また、バルディッセーリ枢機卿は、この会議はアマゾン周辺という、特定地域をテーマにしたものであるが、実際には普遍の教会全体が関心を寄せるべきものである、と述べ、そのためにも他の大陸・地域の地方教会や教会組織にも参加を広げた、と話した。

同枢機卿は、シノドス参加者の内訳を紹介。

それによれば、全参加司教は、185名。そのうち、世界の7地域の司教協議会から137名。この中で113名はアマゾン周辺地域国の司教たち(アンティル3、ベネズエラ6、コロンビア13、エクアドル7、ブラジル57、ボリビア11、ペルー10、および地域の司教協議会代表)からなる。

教皇庁からは、シノドス評議会のメンバーである13の省・組織の各責任者。修道会の総長連盟から15名。さらに、アマゾンと同様の問題を抱える世界各地から、教皇の指名を受けた司教らがこれに加わる。

シノドス司教のほかに、12名の特別招待者、25名の専門家、アマゾンの16の先住民族からの代表を含めた55名の傍聴者がいる。

07 10月 2019, 17:58