Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカン・パウロ6世ホールでの一般謁見 2019年1月16日 教皇フランシスコ、バチカン・パウロ6世ホールでの一般謁見 2019年1月16日  (Vatican Media)

教皇「キリスト教一致祈祷週間」に向けてアピール

教皇フランシスコは、「キリスト教一致祈祷週間」への参加を呼びかけられた。

教皇フランシスコは、1月16日、バチカンで行われた一般謁見の席で、18日から始まる

「キリスト教一致祈祷週間」に言及。この機会にキリスト者の一致のための祈りを新たにするよう招かれた。

「キリスト教一致祈祷週間」は、毎年1月18日から25日まで、キリスト教諸教会の間で行なわれるもの。「すべての人を一つにしてください」(ヨハネ17, 21)というイエスの祈りのもとに、すべてのキリスト者の一致を願い、共に祈り、分かち合うことを目的としている。

教皇は、まもなく始まる同週間の、今年のテーマ、「ただ正しいことのみを追求しなさい」(申命記16・18-20)を紹介。

「『すべての人を一つに』という神の御旨に従い、すべてのキリスト者がただ一つの家族に戻ることができるよう、今年も、わたしたちは祈りに招かれています」と話された。

また、教皇は「エキュメニズムは、一つの選択肢ではありません」とも語られた。

教皇は、キリスト者が、真の正義を表明すること、弱い立場の人々を支援することにおいて、具体的で効果的な対応を通し、共通の一致した証しを深めていく必要を説かれた。

16 1月 2019, 16:33