Cerca

Vatican News
バチカンを訪れた若者たち、2018年10月のシノドス開催期間に バチカンを訪れた若者たち、2018年10月のシノドス開催期間に 

若者のフォーラム、6月開催、シノドスの実りを受けとり、歩むことを目的に

今年6月、若者をテーマに国際フォーラムがローマで開催される。

若者の国際フォーラムが、教皇庁信徒・家庭・いのちの部署の主催で、今年6月、ローマで開催される。

このフォーラムは、「若者、信仰そして召命の識別」をテーマに昨年10月バチカンで行われた「世界代表司教会議(シノドス)第15回通常総会」の実りを受け取り、その歩みを続けることを目的に招集されたもの。

教皇フランシスコが昨年9月に発表した、シノドスをめぐる使徒憲章、「エピスコパリス・コムニオ」は、シノドス前の準備期間、そして会議開催中の期間に加え、会議の成果を適用するシノドス後の期間について言及している。

これによれば、会議の結果を受けとり、それを実施に移す期間は、そのテーマを扱う教皇庁の諸機関はもとより、各国の司教協議会、また地方の教会によって推進されなくてはならない。

こうしたことから、若者の司牧を担当する教皇庁信徒・家庭・いのちの部署は、先のシノドスのまとめとして、2019年6月18日から同月22日まで、若者の国際フォーラムの開催を発表。

同フォーラムが、宣教的シノドスの形を保ちながら、このテーマについての継続的な識別の機会となることに期待を示した。

フォーラムには、諸司教協議会や世界的な広がりを持つカトリック系運動・共同体の代表が招かれる他、前シノドスの傍聴者をはじめとする若者たち、専門家などが招かれる。

10 1月 2019, 15:42