ベータ版

Cerca

Vatican News
教皇フランシスコと若者たち、シノドス閉会ミサで 2018年10月28日 バチカン・聖ペトロ大聖堂 教皇フランシスコと若者たち、シノドス閉会ミサで 2018年10月28日 バチカン・聖ペトロ大聖堂  (Vatican Media)

司教たちから若者への手紙、シノドスの終了に

「若者、信仰そして召命の識別」をテーマとしたシノドス閉会にあたり、参加司教らは、世界の若者に宛て手紙を記した。

バチカンで10月3日(水)から開かれていた、世界代表司教会議(シノドス)第15回通常総会(テーマ:若者、信仰そして召命の識別)は、10月28日、教皇フランシスコと、参加司教らの閉会ミサをもって終了した。

シノドスの閉会に、司教らは世界の若者たちに宛て、次のような手紙を発表した。

**********

世界代表司教会議・第15回通常総会

シノドス参加司教たちから若者への手紙

「皆さん、世界の若者たちに、わたしたちシノドス参加司教は、希望と信頼と慰めの言葉をもって、話しかけたいと思います。ここ数日、わたしたちは「永遠に若いキリスト」イエスの声に耳を傾けるために集いました。そして、イエスの中に、皆さんの多くの声、皆さんの喜びの叫び、嘆き、沈黙を認めました。

皆さんの内的追求や、皆さんの不安定さを形作っている喜び、希望、悲しみ、苦悩をわたしたちは知っています。ここで皆さんにわたしたちの言葉を聞いて欲しいのです。それは、皆さんが、待ち望んでいることを、高い目標へと変容できるよう、そのためにわたしたちは皆さんの喜びの協力者となりたいということです。自分たちの夢を、生活や人類の歴史の中で具体化させるために、皆さんが生きることへの意欲をもって、努力しようとしていることを、わたしたちはよく知っています。

わたしたちの弱さが皆さんを失望させることがないように、脆さや罪が皆さんの信頼を妨げることがないようにと願っています。教会は皆さんにとってお母さんです。教会は皆さんを見捨てず、新しい道や、山道を一緒に歩んでくれます。高みにある細い道では、聖霊がより強く吹き、無関心や、軽薄さ、落胆を吹き飛ばしてくれます。

神が御子イエスを与えるほどに愛された世界が、物事や、たやすい成功、享楽に閉じこもり、最も弱い人々を押しつぶす時、皆さんは、世界が再び立ち上がり、その眼差しを愛と美と正義に再び向けることができるよう、助けてあげてください。

一か月にわたり、わたしたちはここで皆さんの何人かと一緒に、そしてわたしたちと結ばれた多くの皆さんは祈りと愛情をもって、共に歩んできました。今、わたしたちはそれぞれの地で、歩み続けたいと望んでいます。イエスはわたしたちをそこに弟子・宣教者として派遣されるのです。

教会と世界は皆さんの情熱を緊急に必要としています。より弱い人々、貧しい人々、人生に傷ついた人たちの道のりを、共に寄り添う人となってください。

皆さんは現在であり、そして、より輝ける未来です。

2018年10月28日 」

28 10月 2018, 14:46