ベータ版

Cerca

Vatican News
教皇フランシスコ、若者とお年寄りとの対話集会で 2018年10月23日 教皇フランシスコ、若者とお年寄りとの対話集会で 2018年10月23日  (Vatican Media)

教皇、若者とお年寄りとの対話集会に参加

教皇フランシスコは、若者とお年寄りとの出会いと対話に参加された。

教皇フランシスコは、10月23日、若者とお年寄りとの出会いと対話の集会に参加された。

「時の知恵」と名付けられた、若者と高齢者によるこの対話は、現在バチカンで開催中の「若者」をテーマとするシノドスの関連行事として行われた。

会場となった、バチカン近くのアウグスチノ教父学研究所の大ホールには、世界各国の若者たちとお年寄りが集い、同じキリスト教信仰のもとに、世代を超えた交流を行った。

集いの中で教皇は、若い人々とお年寄りの双方の代表から質問を受け、それぞれに答えられた。

教会系の支援施設でボランティアとして働く若い女性は、「偽物や作り物の関係があふれる今日、真の人間関係を築くにはどうしたらよいか」と質問。

教皇は、感情を消してしまう現代の文化に抗い、真の人間関係を築くには、「手をさし伸ばし、抱擁すること」「歩みながら、自分自身を開くこと」「奉仕すること」「リスクを冒すこと」が必要と述べた。競争心や利害関係、偽善や軽蔑など、自分をその場に留まらせてしまうものを捨てて、自ら進んで、相手に手を差し伸べ、腕を広げて受け入れることが人間関係を成熟させると話した。

結婚43年という夫婦は、これまで子どもや孫に熱心に信仰教育を施してきたが、それでも現在、若い人は信仰や教会から遠ざかる傾向があると、憂慮を伝えた。

教皇は、「家族の言語」というべきものを通して、生活上の具体的な態度の中で、子や孫に信仰の証しを伝えることが必要と語られた。多くの愛と、優しさ、理解、忍耐を持つよう勧められた教皇は、息子の回心を、涙の中に祈り求め続けた聖モニカを模範として示された。

この集いには、米国の映画監督マーティン・スコセッシ氏も参加。ニューヨークの下町で育った同監督は、両親や教会のおかげで信仰に接する傍ら、外では多くの悪を目の当たりにし、教会の説く真理と、道端の現実の相違に苦しんだと、青少年時代を振り返った。

スコセッシ監督は、様々なメディアを通して悪が氾濫する世界を見、善を信じることが難しい現代、この嵐の中で若い人たちが信仰を保つために、大人や教会は何ができるのか、と問いかけた。

教皇は、人間の尊厳を傷つける多くの悪や暴力の存在に触れつつ、これらを前に、残虐や暴力は間違っていると若者たちに伝える必要を説いた。

固くなった心を開くには、泣く恵みを求めなければならないと教皇は話し、イエスも人々のために涙を流されたように、人間として、キリスト者として、人間の尊厳を破壊する行為を前に、涙を流すことが必要と語られた。

 

23 10月 2018, 20:00