ベータ版

Cerca

Vatican News

ビデオ:マザー・テレサの列聖から2年

マザー・テレサの列聖が行われてから、2年目を迎えた。

最も貧しい人々に尽くした「神のいつくしみの証し人」、コルカタのマザー・テレサ(1910-1997)の列聖式がバチカンでとり行われたのは、今から2年前の、2016年9月4日。

「いつくしみの特別聖年」の中で行われたこの列聖式で、教皇フランシスコは、マザー・テレサを聖人として宣言。

すべての人に神のいつくしみを示したマザー・テレサの生涯を振り返り、あらゆるイデオロギーや制約から自由な、民族や宗教の違いを超えたその無償の愛と、苦しむ人々に喜びと希望を与えるその微笑に倣うよう、信者らを励まされた。

教皇はミサの説教の中でこう述べている。

「マザー・テレサは、その生涯のあらゆる点において、神のいつくしみを寛大に人々にもたらした人でした。

おそらく、わたしたちはマザー・テレサを聖テレサと呼ぶことに、少し慣れないかもしれません。親しみある、優しい、豊かなその霊性ゆえに、わたしたちは自然な形で、マザー・テレサと呼び続けることでしょう。」

04 9月 2018, 13:12