Vatican News
教皇フランシスコ、2019年1月6日、主の公現の祭日、バチカンでの正午の祈り 教皇フランシスコ、2019年1月6日、主の公現の祭日、バチカンでの正午の祈り  (AFP or licensors)

教皇、地中海上の難民たちへの連帯をアピール

教皇フランシスコは、地中海上で救助された難民たちのために連帯を呼びかけられた。

教皇フランシスコは、1月6日、「主の公現」(エピファニア)の祭日の正午の祈りで、地中海上で救助された難民たちに言及された。

地中海で非政府組織の2つの船に救助された49名の人々が、すでに何日もの間、安全に上陸できる港を捜し続けている、と教皇は話された。

教皇は、ヨーロッパ諸国のリーダーらに、これらの人々に対する具体的な連帯を示すよう心から呼びかけられた。

06 1月 2019, 17:56