Vatican News
教皇フランシスコ、フィンランドのルーテル教会のエキュメニカル使節団と 2020年1月17日 教皇フランシスコ、フィンランドのルーテル教会のエキュメニカル使節団と 2020年1月17日  (Vatican Media)

教皇、フィンランドのルーテル教会のエキュメニカル使節と

教皇フランシスコは、フィンランドのルーテル教会のエキュメニカル使節団を迎えられた。

教皇フランシスコは、1月17日、フィンランドのルーテル教会のエキュメニカル使節団とお会いになった。

同使節は、「キリスト教一致祈祷週間」(1月18日~25日)と、フィンランドの使徒、聖ヘンリック(ウプサラ司教・殉教者 英国・生年不詳-フィンランド1156年)の祝日(1月20日)を記念してバチカンを訪れた。

教皇は使節への挨拶で、先の日曜日に記念した「キリストの洗礼」の祝日は、わたしたちの洗礼を思い起こさせるものと述べ、自身の洗礼に対する感謝の念において、すべてのキリスト者は一致している、と話された。

また教皇は、キリスト者たちは、キリストの神秘体の肢体として一致し、互いの重みを支え合い、福音を証しするという共通の使命を負っている、と語られた。

教皇は、今年の「キリスト教一致祈祷週間」のテーマ、「人々は大変親切にしてくれた」(使徒言行録28・2参照)を示しつつ、人をもてなし、受容することも、日々の共通の信仰の証しであると指摘。

「人をもてなす者は、貧しくなるのではなく、より豊かになる」「与える者は、与えられる」と、話された。

わたしたちキリスト者は、人類のメッセンジャー、人となられた神のあわれみを受ける者として共に歩んでいる、と述べた教皇は、キリスト者の共同体とは、単に隣り合い、並んでいることではなく、より深い意味で「共にいること」であるべき、と願われた。

教皇は、霊的なエキュメニズムと対話は、この「共にいること」の意味を深めるためのものと話し、「共にいること」の促進と発展がフィンランドに実りをもたらすようにと祈られた。

17 1月 2020, 16:15