Vatican News
教皇フランシスコによる「主の公現」の祭日の正午の祈り 2020年1月6日 教皇フランシスコによる「主の公現」の祭日の正午の祈り 2020年1月6日  (Vatican Media)

教皇「主と出会い、新たな道を歩む」 主の公現、正午の集い

教皇フランシスコは、2020年1月6日、「聖主のご公現」の祭日にあたり、正午の祈りの集いを行われた。

新年の1月6日、典礼暦は「主の公現」の祭日を祝った。

教皇フランシスコは、同日正午のアンジェラスの祈りで、聖ペトロ広場に集まった信徒たちに、「主の公現」について次のように話された。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

今日は、遠い東方から、星に導かれて、ベトレヘムで誕生したばかりの救い主イエスを礼拝に来た、三人の博士たちを記念します。福音書は、このエピソードの結末に、博士たちは天使からのお告げを受けて、ヘロデ王の下には帰らずに、別の道を通って国に帰って行ったと書いています。

これら三人の賢者たちは、遠い国々から長い旅を経て到着しました。お会いしたいと思っていた幼子に出会えた後、大変な疲れを感じていたことでしょう。目的を果たしたのち、三人の博士たちは、幼子イエスの前にぬかずき、礼拝し、貴重な贈り物を捧げます。その後、大急ぎで祖国に帰っていきました。イエスとの出会いは、彼らを根底から変えました。

幼子イエスとの出会いは、博士たちを引き留めることなく、彼らは急いで、見たこと聞いたこと、その喜びを、人々に直接に伝えるために帰っていきました。この事実の中に、神のなさり方、歴史の中でご自分を表す独自の方法が垣間見られます。神の体験は、決して人をそこに留めません。かえってわたしたちを自由にし、縛り付けたりしません。わたしたちに新たな道を示し、前進させてくれます。わたしたちを日常生活の中に送り込みますが、イエスと出会ったあとでのわたしたちは、置かれた場所は同じでも、もう以前のわたしたちではありません。イエスとの出会いは、わたしたちを根底から変えていきます。福音書記者マタイは、博士たちが「別の道をとって」帰って行ったと強調しています。

博士たちはヘロデ王の魔手に掛からぬよう、天使の勧告を受けて、帰りの道を変更したのでした。イエスとの出会いは、いつもわたしたちを新たな別の道に導きます。なぜなら、心を新たにし、悪から癒す力は、神に由来するからです。

別の道を通って祖国に帰って行ったという博士たちの出来事の中に、「継続性」と「新しさ」の神の英知のダイナミズムを見ることができます。これは神との出会いのあとで、わたしたちは、たとえいつもと同じ日常性の中に戻っても、以前とは異なる新しい生き方をしなければいけないし、ものの見方や判断を変えなければいけないことを示しています。もし、わたしたちがイエスに出会ったなら、新しい道、新しいスタイルの生き方をしなければいけないということです。イエスご自身が与えてくれる聖霊が、わたしたち一人ひとりの心をも変える力を与えてくれるのです。

06 1月 2020, 18:15