Vatican News
黙祷を捧げる教皇フランシスコ 広島・平和記念公園 2019年11月24日 黙祷を捧げる教皇フランシスコ 広島・平和記念公園 2019年11月24日  (AFP or licensors)

教皇「核兵器の使用と保有は倫理に反する」広島で平和のための集い

教皇フランシスコは、広島を訪れ、平和記念公園で平和のための集いを行われた。

教皇フランシスコは、11月24日(日)午後、広島の平和記念公園で平和のための集いを行われた。

日本滞在2日目、教皇は平和の使徒として、長崎に続き、広島を訪れた。

平和記念公園の会場には、被爆者らや、諸宗教代表者らをはじめ、およそ2千人が集った。

教皇は高齢の被爆者たちとお会いになり、一人ひとりと言葉を交わされた。

教皇は、原爆死没者慰霊碑の前に献花し、長い祈りを捧げられた。

次いで、ろうそくに火を灯した教皇は、闇に鐘の音が響く中、会場の参加者らとともに黙祷を捧げられた。

被爆者の証言と代読に続き、教皇は平和メッセージを述べられた。

この中で教皇は、「死といのち、崩壊と再生、苦しみといつくしみの交差するこの場所」、「大勢の人が、その夢と希望が、一瞬の閃光と炎によって跡形もなく消され、影と沈黙だけが残った」この場所のすべての犠牲者を記憶にとどめたいと述べられた。

そして、教皇は「あの時を生き延びたかたがたを前に、その強さと誇りに、深く敬意を表したい」と述べた。

教皇は、「激しい暴力の犠牲となった罪のない人々を思い出し、現代社会の人々の願いと望みを胸にしつつ、静かに祈るため」に、「平和の巡礼者」としてこの場所を訪れなければならないと感じていた、と話された。

「へりくだり、声を発しても耳を貸してもらえない人々の声になりたい」と述べた教皇は、その声とは「現代社会が直面する増大した緊張状態を、不安と苦悩を抱えて見つめる人々の声」であると語った。

「戦争のために原子力を使用することは、現代において、犯罪以外の何ものでもない」と述べた教皇は、それは人類とその尊厳だけでなく、わたしたちの「共通の家」の未来の可能性にも反すると指摘。

「原子力の戦争目的の使用は、倫理に反します」と強調するとともに、二年前にご自身が発言したように、核兵器の保有も同様に、倫理に反する、と話された。

教皇は、戦争のための強力な兵器を製造しながら、平和について話すことがどうしてできるだろうか、差別と憎悪の演説で自らを正当化しながら、どうして平和について話せるだろうか、と問われた。

教皇は、単なることばではない平和、より正義にかなう安全な社会の構築を望むならば、武器を手放さなければならない、と述べ、「武器を手にしたまま、愛することはできません」という聖パウロ6世の言葉を思い起こされた。

真の平和とは、非武装の平和以外にありえない、わたしたちは歴史から学ぶべき、と教皇は述べられた。

教皇は、「思い出し、ともに歩み、守ること」の三つを、平和となる真の道を切り開く力を持つ「倫理的命令」として胸に刻むよう招かれた。

すべての人の良心を目覚めさせ、これからの世代に向かって、「二度と繰り返しません」と言い続ける助けとなる記憶の重要性を示された。

また、わたしたちは、ともに歩むよう求められている、と述べた教皇は、互いを大切にし、運命共同体で結ばれていることを知り、和解と平和の道具となるよう招かれた。

そして、教皇は、神とすべての人に向かい、原爆と核実験とあらゆる紛争のすべての犠牲者の名によって、「戦争はもういらない! 兵器の轟音はもういらない! こんな苦しみはもういらない!」と声を合わせて叫ぼうと訴えられた。 

教皇は、「破壊があふれた場所に、今とは違う歴史を描き実現する希望があふれるように」「わたしたちをあなたの平和の道具、あなたの平和を響かせるものとしてください!」と神に祈られた。

東京から長崎、そして広島へと、長い一日を終えられた教皇は、同日夜、空路で再び東京へと戻られた。

広島の平和記念公園における、教皇フランシスコの平和メッセージ全文は、以下のとおり
(カトリック中央協議会訳)

***************************************************************

教皇の日本司牧訪問
教皇のスピーチ
平和記念公園にて
2019年11月24日、広島

 「わたしはいおう、わたしの兄弟、友のために。『あなたのうちに平和があるように』」(詩編122・8)。あわれみの神、歴史の主よ、この場所から、わたしたちはあなたに目を向けます。死といのち、崩壊と再生、苦しみといつくしみの交差するこの場所から。

 ここで、大勢の人が、その夢と希望が、一瞬の閃光と炎によって跡形もなく消され、影と沈黙だけが残りました。一瞬のうちに、すべてが破壊と死というブラックホールに飲み込まれました。その沈黙の淵から、亡き人々のすさまじい叫び声が、今なお聞こえてきます。さまざまな場所から集まり、それぞれの名をもち、なかには、異なる言語を話す人たちもいました。そのすべての人が、同じ運命によって、このおぞましい一瞬で結ばれたのです。その瞬間は、この国の歴史だけでなく、人類の顔に永遠に刻まれました。

 この場所のすべての犠牲者を記憶にとどめます。また、あの時を生き延びたかたがたを前に、その強さと誇りに、深く敬意を表します。その後の長きにわたり、身体の激しい苦痛と、心の中の生きる力をむしばんでいく死の兆しを忍んでこられたからです。

 わたしは平和の巡礼者として、この場所を訪れなければならないと感じていました。激しい暴力の犠牲となった罪のない人々を思い出し、現代社会の人々の願いと望みを胸にしつつ、じっと祈るためです。とくに、平和を望み、平和のために働き、平和のために自らを犠牲にする若者たちの願いと望みです。わたしは記憶と未来にあふれるこの場所に、貧しい人たちの叫びも携えて参りました。貧しい人々はいつの時代も、憎しみと対立の無防備な犠牲者だからです。

 わたしはつつしんで、声を発しても耳を貸してもらえない人々の声になりたいと思います。現代社会が直面する増大した緊張状態を、不安と苦悩を抱えて見つめる人々の声です。それは、人類の共生を脅かす受け入れがたい不平等と不正義、わたしたちの共通の家を世話する能力の著しい欠如、また、あたかもそれで未来の平和が保障されるかのように行われる、継続的あるいは突発的な武力行使などに対する声です。

 確信をもって、あらためて申し上げます。戦争のために原子力を使用することは、現代において、犯罪以外の何ものでもありません。人類とその尊厳に反するだけでなく、わたしたちの共通の家の未来におけるあらゆる可能性に反します。原子力の戦争目的の使用は、倫理に反します。核兵器の保有は、それ自体が倫理に反しています。それは、わたしがすでに2年前に述べたとおりです。これについて、わたしたちは裁きを受けることになります。次の世代の人々が、わたしたちの失態を裁く裁判官として立ち上がるでしょう。平和について話すだけで、国と国の間で何の行動も起こさなかったと。戦争のための最新鋭で強力な兵器を製造しながら、平和について話すことなどどうしてできるでしょうか。差別と憎悪のスピーチで、あのだれもが知る偽りの行為を正当化しておきながら、どうして平和について話せるでしょうか。

 平和は、それが真理を基盤とし、正義に従って実現し、愛によって息づき完成され、自由において形成されないのであれば、単なる「発せられることば」に過ぎなくなると確信しています。(聖ヨハネ23世回勅『パーチェム・イン・テリス――地上の平和』37〔邦訳20〕参照)。

 真理と正義をもって平和を築くとは、「人間の間には、知識、徳、才能、物質的資力などの差がしばしば著しく存在する」(同上87〔同49〕)のを認めることです。ですから、自分だけの利益を求めるため、他者に何かを強いることが正当化されてよいはずはありません。その逆に、差の存在を認めることは、いっそうの責任と敬意の源となるのです。同じく政治共同体は、文化や経済成長といった面ではそれぞれ正当に差を有していても、「相互の進歩に対して」(同88〔同49〕)、すべての人の善益のために働く責務へと招かれています。

 実際、より正義にかなう安全な社会を築きたいと真に望むならば、武器を手放さなければなりません。「武器を手にしたまま、愛することはできません」(聖パウロ6世「国連でのスピーチ(1965年10月4日)」10)。武力の論理に屈して対話から遠ざかってしまえば、いっそうの犠牲者と廃墟を生み出すことが分かっていながら、武力が悪夢をもたらすことを忘れてしまうのです。武力は「膨大な出費を要し、連帯を推し進める企画や有益な作業計画が滞り、民の心理を台なしにします」(同)。紛争の正当な解決策として、核戦争の脅威による威嚇をちらつかせながら、どうして平和を提案できるでしょうか。この底知れぬ苦しみが、決して越えてはならない一線を自覚させてくれますように。真の平和とは、非武装の平和以外にありえません。それに、「平和は単に戦争がないことでもな〔く〕、……たえず建設されるべきもの」(第二バチカン公会議『現代世界憲章』78)です。それは正義の結果であり、発展の結果、連帯の結果であり、わたしたちの共通の家の世話の結果、共通善を促進した結果生まれるものなのです。わたしたちは歴史から学ばなければなりません。

 思い出し、ともに歩み、守ること。この三つは、倫理的命令です。これらは、まさにここ広島において、よりいっそう強く、より普遍的な意味をもちます。この三つには、平和となる道を切り開く力があります。したがって、現在と将来の世代が、ここで起きた出来事を忘れるようなことがあってはなりません。記憶は、より正義にかない、いっそう兄弟愛にあふれる将来を築くための、保証であり起爆剤なのです。すべての人の良心を目覚めさせられる、広がる力のある記憶です。わけても国々の運命に対し、今、特別な役割を負っているかたがたの良心に訴えるはずです。これからの世代に向かって、言い続ける助けとなる記憶です。二度と繰り返しません、と。

 だからこそわたしたちは、ともに歩むよう求められているのです。理解とゆるしのまなざしで、希望の地平を切り開き、現代の空を覆うおびただしい黒雲の中に、一条の光をもたらすのです。希望に心を開きましょう。和解と平和の道具となりましょう。それは、わたしたちが互いを大切にし、運命共同体で結ばれていると知るなら、いつでも実現可能です。現代世界は、グローバル化で結ばれているだけでなく、共通の大地によっても、いつも相互に結ばれています。共通の未来を確実に安全なものとするために、責任をもって闘う偉大な人となるよう、それぞれのグループや集団が排他的利益を後回しにすることが、かつてないほど求められています。

 神に向かい、すべての善意の人に向かい、一つの願いとして、原爆と核実験とあらゆる紛争のすべての犠牲者の名によって、心から声を合わせて叫びましょう。戦争はもういらない! 兵器の轟音はもういらない! こんな苦しみはもういらない! と。わたしたちの時代に、わたしたちのいるこの世界に、平和が来ますように。神よ、あなたは約束してくださいました。「いつくしみとまことは出会い、正義と平和は口づけし、まことは地から萌えいで、正義は天から注がれます」(詩編85・11-12)。

 主よ、急いで来てください。破壊があふれた場所に、今とは違う歴史を描き実現する希望があふれますように。平和の君である主よ、来てください。わたしたちをあなたの平和の道具、あなたの平和を響かせるものとしてください!

 「わたしはいおう、わたしの兄弟、友のために。『あなたのうちに平和があるように』」(詩編122・8)。

24 11月 2019, 13:46