Vatican News
教皇フランシスコ、2019年11月にタイと日本を訪問 教皇フランシスコ、2019年11月にタイと日本を訪問 

教皇フランシスコ、今年11月にタイと日本を訪問

教皇フランシスコは、今年11月に、タイ王国と日本を公式訪問される。9月13日、バチカンの広報局長が発表した。

教皇フランシスコは、今年11月、タイと日本を公式訪問される。

9月13日、バチカンのマッテオ・ブルーニ広報局長の発表によれば、教皇は2019年11月19日から26日にかけて、タイ王国と日本を司牧訪問される。

教皇は、タイ王国を11月20日から23日まで、同国政府と司教らの招きを受け訪れる。

そして、教皇は、日本を2019年11月23日から26日まで、政府と司教団の招きに応えて訪問。この間、東京、長崎、広島を訪れる。

この訪問についての詳細は、後日発表される。

**********

タイへのローマ教皇の訪問は、1984年5月の聖ヨハネ・パウロ2世の訪問以来、2度目となる。

教皇フランシスコのタイ訪問のモットーは、「キリストの弟子、宣教的弟子」。

タイのカトリック教会は、1669年、サイアム(シャム)代牧区が設立されてから、今年で350年を記念する。

教皇のタイ訪問のロゴマークは、この出来事を思い起こさせるもので、左上に微笑み祝福をおくる教皇フランシスコの姿、右下に福音宣教を象徴する船が配置されている。3つの帆を張ったマストは、三位一体をイメージしている。その船を支えるのは、聖母マリアの手。右下中央の金色に輝く十字架は、タイのすべての信者たちに、福音の証し人となるよう呼びかけている。

**********

一方、日本は、38年ぶりにローマ教皇を迎えることになった。

聖ヨハネ・パウロ2世が、初めて訪日したのは、1981年2月23日から2月26日のこと。この時、東京、広島、長崎を訪れている。

教皇フランシスコのこのたびの訪問は、2019年11月23日(土)から26日(火)までの日程で、聖ヨハネ・パウロ2世の時と同じく、東京、広島、長崎に赴かれる。

教皇の日本訪問のモットーは、「すべてのいのちを守るため」。

訪日のためにデザインされたロゴマークには、このモットーが反映されている。

「PROTECT ALL LIFE」(すべてのいのちを守るため)という英文モットーの中で、「T」の字は十字架となって、下中央に配置されている。その十字架から立ち上がるように燃える、三色の炎のうち、赤い炎は日本の教会の礎である殉教者たちを、青い炎は全人類を子として擁く聖母マリアを、緑の炎は豊かな日本の自然を象徴し、これらが一体となって希望の福音を告げ知らせるという使命を表している。そしてこの炎を囲む、太陽を思わせる赤い輪は、愛を象徴しながら、あらゆるいのちを包み込んでいる。そして、モットーの左には、祝福をおくる教皇フランシスコが青色でデザインされている。

教皇フランシスコは、これまで公の場でたびたび訪日の希望を表明されてきた。

教皇は、2018年9月12日、日本の「天正遣欧使節顕彰会」の関係者との出会いの席で、訪日への希望と、その実現への期待を述べているほか、2019年1月23日、パナマ司牧訪問に向かう特別機の機内で、記者からの質問に対し、今年11月に日本訪問の意向を表されていた。

13 9月 2019, 10:58