Vatican News
教皇、アンジェラスの祈り 教皇、アンジェラスの祈り  (Vatican Media)

アンジェラスの祈り: 教皇「神の憐れみの濫用は避けよう」

3月24日、四旬節第3主日、恒例正午のアンジェラスの祈りに際して、教皇フランシスコは、その日のミサの福音朗読、ルカ13の1~19を解説しながら、神の憐れみを無駄にしないように、また回心の必要性は緊急であると、次のように話された。

「親愛なる兄弟姉妹の皆さん、今日のミサ中、ルカによる福音の中から、実をむすばないイチジクの木についてのたとえ話が、朗読されました。

無益なイチジクを切り倒そうとする主人対して、農夫は懸命に命乞いをします。

神の憐れみは無限です。しかしそれをよいことに、霊的な怠惰によって、神の愛や憐れみを濫用し無駄にしてはなりません。わたしたちは一人ひとり、神からの回心への呼びかけに、心から誠実に答えるよう招かれているのです。

 福音のたとえ話の中の主人は、天の御父で、イチジクの命乞いを必死でする農夫は、イエスです。そして実らないイチジクは、無関心で不熱心な人類を表しています。

主人が切り倒そうとするイチジクは、他人の必要に目もくれず、自分自身の利益しか求めず、自己満足の中に怠惰な日々を送る人々のことです。かれらは他人の苦しみ、また、その貧困に目を向けません。このような生き方はまさしく、忍耐強くイチジクのためにとりなしをする福音の中の、農夫のあり方とは正反対な生き方です。

農夫のとりなしにより主人は、忍耐強くイチジクの実りに期待をかけます。

神はこの主人のようにわたしたち一人ひとりが、実をむすぶのを、つまり心を入れ替えて、生き方を変える回心を、忍耐強く待ち続けます。

しかし神の憐れみは無限でも、回心の時は無限ではありません、急を要することです。このことを、特にこの四旬節中、常に心にとどめ、考察するよう努めましょう」。

24 3月 2019, 16:43