検索

Vatican News
退院し、バチカンに戻られた教皇フランシスコ 2021年7月14日 退院し、バチカンに戻られた教皇フランシスコ 2021年7月14日 

教皇、退院しバチカンに戻られる

教皇フランシスコは、入院生活を終了、退院し、バチカンに戻られた。

 教皇フランシスコは、7月14日午前、ローマ市内ジェメッリ病院での入院生活を終了、退院し、バチカンに戻られた。

 バチカンのマッテオ・ブルーニ広報局長によれば、教皇は、この日午前10時半、アゴスティーノ・ジェメッリ総合病院を退院された。

 お住まいであるバチカンのサンタ・マルタ館に戻る前に、教皇は、ローマ市内の聖マリア大聖堂(サンタ・マリア・マッジョーレ)を訪れた。

 教皇は、同大聖堂に伝わる聖母子画「サルス・ポプリ・ロマーニ(ローマ人の救い)」の前で祈り、ご自身の手術が無事行われたことを感謝すると共に、入院期間に出会った患者たちをはじめ、すべての病者たちのために祈りを捧げられた。

 そして、教皇は正午少し前に、バチカンのサンタ・マルタ館にお帰りになった。

14 7月 2021, 12:37