検索

Vatican News
教皇フランシスコ 2020年7月12日(日)の正午の祈り 教皇フランシスコ 2020年7月12日(日)の正午の祈り  (AFP or licensors)

教皇「御言葉の種を実らせる、良い土地となろう」

教皇フランシスコは、7月12日(日)、バチカンで正午の祈りを巡礼者と共に唱えられた。

教皇フランシスコは、7月12日(日)、バチカンで正午の祈りの集いを持たれた。

祈りに先立ち、教皇はこの日の福音朗読箇所、マタイ福音書の「種を蒔く人」のたとえ(13,1-23)をテーマに説教を行われた。

教皇は「わたしたち一人ひとりが、御言葉の種の落ちる土地」であると述べ、その種を実らせるために「良い土地」となるよう、信者たちを励まされた。

教皇の説教は次の通り。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

この主日の福音(参照:マタイ13,1-23)で、イエスは群衆に向かい、わたしたち皆もよく知っている、「種を蒔く人」のたとえを語られました。ここで蒔かれた種は、四つの異なる土壌に落ちました。種に象徴される神の御言葉は、抽象的なものではなく、それはキリストご自身です。それは、マリアの胎内で受肉した御父の御言葉です。それゆえ、神の御言葉を受け入れることは、キリストご自身を受け入れることなのです。

神の御言葉に対し、それを受け取る様々な態度があります。わたしたちは道端に蒔かれた種のように、それを受け取るとしましょう。すると、すぐに鳥がやって来て、それを食べてしまいます。これは今日の時代の大きな危険です。たくさんのおしゃべりや、イデオロギーに付きまとわれ、家の内外で絶え間なく気を散らし続けることで、沈黙や、祈り、主との対話の味を忘れるどころか、信仰さえ失い、神の御言葉に耳を傾けない恐れがあります。わたしたちはすべてを眺めながら、世俗的な事柄に気を散らされています。

あるいは、わたしたちは石だらけで土の少ない所に蒔かれた種のように、神の御言葉を受け取るとしましょう。そこでは、種はすぐに芽を出しますが、深く根を張れないために、すぐに枯れてしまいます。それは、神の御言葉を熱狂的に受け入れつつも、表面的なものに留まり、それを消化して栄養にできない人々のイメージです。そのため、石の間に落ちて枯れる種のように、最初の困難、たとえば人生の苦しみ、動揺などを前に、まだ弱い信仰は消え去ってしまうのです。            

さらに、イエスがたとえで語る三つ目の状況として、わたしたちは茨の間に落ちた種のように、神の御言葉を受け取ることがあります。茨の棘は、富や成功、この世の心配事などです。そこでは御言葉は少しは成長しても、茨にふさがれ、弱いために枯れてしまい、実を結ばせることはできません。

最後に、四番目の可能性として、わたしたちは神の御言葉を良い土地のように受け取ることができます。ただここでのみ、種は根を張り、実を結ぶことができます。この種が落ちた肥沃な土地は、御言葉に耳を傾け、それを受け入れ、心に守り、毎日の生活の中で実践する人々のことです。

この「種を蒔く人」のたとえは、ある意味、他のすべてのたとえの「母」のようなものです。なぜなら、このたとえは御言葉を聞くことについて語っているからです。このたとえは、神の御言葉が自分の中に良いものを多く実らせる種であることを思い出させます。そして、神は、惜しみなく寛大に、この種を至る所に蒔きます。神の御心とはそういうものです。誰一人除外されることなく、わたしたち一人ひとりが、御言葉の種の落ちる土地なのです。御言葉はわたしたち一人ひとりに与えられます。わたしたちが御言葉を受け取る土壌が、どのような種類のものなのか、自問してみましょう。それは、道端のような土地でしょうか、それとも石の多い土地、あるいは茨の茂みでしょうか。しかし、自分が望むならば、わたしたちは御言葉の種を育て実らせるために、丁寧に耕され手入れされた、良い土地になることができます。その土地はわたしたちの心の中にすでにありますが、それを実らせるのは、わたしたちにかかっています。わたしたちがこの種をいかに受け入れるかによるのです。しばしば、あまりにも多くの利害や誘惑に気を取られ、たくさんの声や言葉の間で、唯一わたしたちを自由にする主の声を聞き分けるのが難しいことがあります。

このためにも、神の御言葉を聞く・読む習慣が大切です。これまで何度もお勧めしてきたことですが、いつも小さな福音書を持ち歩くことです。ポケットやカバンに入るような小さな版の福音書です。こうして、毎日少しずつ読むことで、御言葉を読む習慣をつけると共に、神が皆さんに与える種をよく理解し、それを受け取る自分の土壌について考えることができるようになるでしょう。

わたしたちが棘も石もない準備の整った土地となり、自分と兄弟たちのために良い実をもたらすことができるよう、肥沃な良い土地の完全な模範であるおとめマリアが、その祈りをもって助けてくださいますように。

             

12 7月 2020, 17:23