検索

Vatican News
教皇フランシスコ、タイ・バンコクのカテドラルで若者たちとミサ 2019年11月22日 教皇フランシスコ、タイ・バンコクのカテドラルで若者たちとミサ 2019年11月22日  (Vatican Media)

「心に火を保ち続けるために」教皇、タイの若者たちとミサ

教皇フランシスコは、バンコクのカテドラルで若者たちとミサを捧げられた。

11月22日午後、教皇のタイでの滞在も、あとわずかな時間を残すまでとなった。教皇は23日朝には、日本に向けて出発される。

教皇フランシスコは、タイ訪問を締めくくる行事として、バンコクのアサンプション・カテドラルで、若者たちのためにミサを捧げられた。

教皇は、「マタイによる福音書」の「十人のおとめのたとえ」(25,1-13) を取り上げ説教を行われた。

イエスが天の国の比喩として話したこのたとえには、婚宴で花婿を迎え出るおとめたちが登場する。十人のおとめのうちの五人はともし火を持っていても油を持っておらず、花婿の到着が遅れるうちに眠り込み、真夜中に花婿の到着が告げられた時には、ともし火は消えそうになっていた。彼女たちが油を買いに行っている間に、ともし火と油を備えた残り五人のおとめたちは花婿と共に宴席に入り、婚宴の扉は閉じられてしまった。

教皇は、このたとえの幾人かのおとめたちの問題は、眠ってしまったことよりも、必要な油を持っていなかったことにある、と指摘。その油とは心の内部に愛の炎を保ち続けるための燃料である、と話された。

教皇は、闇や困難の中で心を照らす火を生き生きと保ち、主の呼びかけ、御旨に答えられるよう準備する気持ちがありますか、と若者たちに尋ねられた。

また、あらゆる時に主を求め続けるために、必要な油をどこで手に入れることができるでしょうか、と問われた。

タイの福音宣教の歴史を聖なる遺産として示された教皇は、聖霊の火を消さず、生き生きした眼差しを心に保つには、先人たちの信仰に深く根ざす必要がある、と語られた。

そして、それは過去にとらわれるためではなく、歴史上の新しい状況に応えるために必要な勇気を学び、勝ち取るためである、と話された。

信仰が「根」を持たないならば、一見魅力的であっても結局は虚しさや孤独をもたらすだけの、この世の「声」にまどわされ、主が洗礼の日にわたしたちに灯した光は消えそうになるだろう、と教皇は話された。

教皇は、「キリストにしっかりと根付き、喜びと信頼の眼差しをたたえ、未来を決して恐れないように。主は皆さんを待ち、祝宴を用意しておられる」と、タイの若者たちを励まされた。

22 11月 2019, 16:29