検索

Vatican News
教皇フランシスコ、タイ・バンコクの首相府訪問 2019年11月21日 教皇フランシスコ、タイ・バンコクの首相府訪問 2019年11月21日  (ANSA)

教皇、民族間の調和と宗教間対話の重要性を強調、タイの各界代表に

タイを訪れた教皇フランシスコは、バンコクの首相府で各界代表との集いを行われた。

タイを訪問した教皇フランシスコは、11月21日、バンコクの首相府で各界代表と会見された。

前日11月20日、タイに到着された教皇は、21日午前、バンコク市内の首相府を訪問、プラユット・チャンオチャ首相と共に、前庭で催された歓迎式典に臨まれた。

教皇は首相府内でプラユット首相と会談。

続いて、ホールでタイの各界代表および同国駐在外交団と会見された。

教皇は要人らへの挨拶で、豊かな素晴らしい自然、もてなしの文化に代表される、古くから受け継がれる精神的・文化的伝統を育む国、タイを訪れた喜びを表された。

多文化と多様性の国として、タイは数ある民族間の調和と平和的共存の大切さを認識し、異なる文化や宗教、思想への尊重を表してきた、と教皇は述べられた。

教皇は、タイで宗教界参加のもとに社会倫理をめぐる取り組みが行われていることを称賛されると共に、今回行われるタイの仏教最高指導者への訪問が、諸宗教間の友情と対話を促進するものとなることを願われた。

タイは「自由」を意味する国、と教皇は述べながら、自由は人々が互いに責任を共有し、あらゆる形の不平等を克服できる時にこそ可能になる、と話された。

教皇は、今日の世界の特徴の一つである移民現象に言及。タイが近隣国の難民を受け入れてきたことに触れつつ、国際社会がこの問題に責任と先見性をもって対応し、人々の悲劇的な国外脱出をもたらす原因を解決し、安全で秩序ある移民制度を促進できるよう、今一度アピールされた。

また、今年、国際条約「児童の権利に関する条約」の採択30年が記念されることについて、教皇はこれを子どもたちのしあわせを守る必要を考える機会として示された。

教皇は、タイの人々にそれぞれの立場、生活の中で共通善のために貢献を続けるよう願いながら、同国と全国民に神の豊かな祝福を祈られた。

21 11月 2019, 08:14