検索

Vatican News
離日後、機内で記者会見する教皇フランシスコ 2019年11月26日 離日後、機内で記者会見する教皇フランシスコ 2019年11月26日  (ANSA)

教皇、離日後、機内で記者会見

タイと日本、アジア2カ国への訪問を終えられた教皇フランシスコは、帰国便の機内で記者団に答えられた。

11月26日、タイと日本への訪問を終え、帰国の途につかれた教皇フランシスコは、特別機の機内で、随行の記者団の質問に答えられた。

この記者会見で、多くの質問が主に日本およびアジア、また核や平和に関連するテーマに集中した。

「西洋の社会と教会は、東洋のそれらから学ぶことがあるか」という質問に、教皇はlux ex Oriente, ex Occidente luxus「光は東方より、贅沢は西方より」という言葉(※「光は東方より、法は西方より」という古代ローマの箴言をもじった言葉)を引用。

光は東方からだが、贅沢、消費主義は西方から来る、と述べた。

東方にはまさに知恵がある、それは単なる知識上の知恵ではなく、時間や観想の知恵であり、常に急いでいる西洋社会に対し、観想を学ばせ、立ち止まり、物事を詩的に見ることを教えてくれる、と語られた。

また、東洋は物事を超えた彼方を見つめる力があり、「超絶性」という言葉をあえて使うことなく、内在性の限界を超えるビジョンを持っている、と話された。

教皇は、西洋人は少し立ち止まり、叡智のために時間を割くとよいだろう、と述べた。

「長崎と広島を訪問して何を感じたか」という問いに、教皇は、長崎と広島はどちらも原爆で苦しんだ、と述べつつ、一つの違いは、長崎はキリスト教が古くから根付き、激しい迫害があったこと、と話した。

一方、広島はキリスト教的な都市ではないが、残酷とはどういうものであるか真に人類に教える場所、と話した。

教皇は、今回の訪問で「核兵器の使用は倫理に反する」と強調したことを振り返り、倫理に反するがゆえに、これはカトリック教会のカテキズムにも加えられるべきこと、との考えを述べた。

また、核兵器の使用のみならず保有も倫理に反すると述べた教皇は、それは、事故や、ひとりの狂気が人類を滅ぼすこともあるからだ、と語った。

原子力発電に関する質問で、教皇は日本が体験したようなトリプル災害(地震・津波・原発事故)はいつでも起きる可能性はあると述べ、原子力使用は完全な安全性を確保するに至っていないという意味で限界がある、と指摘。教皇は、個人的な意見とした上で、安全性の点からその使用に懸念を示された。

東京ドームでのミサに、死刑確定に無実を訴え、再審・裁判のやり直しを求めている死刑囚の袴田巌さんが出席していたが、という問いに対し、教皇は、袴田さんのケースについて後ほど知った、と述べた。

安倍首相との会談では、裁判や、死刑や終身刑、刑務所のキャパシティーを超えた過剰収容や、判決前の勾留状態など、他国の状況も含めた、受刑者を取り巻く多くの一般問題について話した、と述べられた。

死刑は倫理に反すると話した教皇は、ある国々は政治的な問題で死刑を廃止できないが、執行を停止することで事実上の終身刑を課している、と語った。

教皇は、刑は復帰を常に視野に入れたものであるべきで、展望を与えない刑は人道的でないとも話した。

今回、特別機でバンコクから東京に向かう途中、教皇は上空を通過した香港の行政長官に電報を送ったが、現地の状況についてどう思うか、という問いに、教皇は、すべての上空通過国の長に電報を送るのは儀礼としての習慣である、と説明。

香港だけでなく、中南米やヨーロッパなど、今日世界各地で起きているデモについて言及しつつ、こうした状況を前に教皇庁は対話と平和を呼びかけている、と語った。

また、いつ教皇の北京訪問についていけるのか、という記者の質問に対し、教皇は北京に行けたらよいと思う、わたしは中国を愛している、と話された。

26 11月 2019, 20:08