検索

Vatican News
教皇フランシスコ、バチカン・パウロ6世ホールでの一般謁見 2019年1月30日 教皇フランシスコ、バチカン・パウロ6世ホールでの一般謁見 2019年1月30日  (Vatican Media)

パナマ司牧訪問を報告、教皇一般謁見

教皇フランシスコは、一般謁見の席で、先日終了したパナマ司牧訪問を振り返られた。

教皇フランシスコは、1月30日、バチカンのパウロ6世ホールで、水曜恒例の一般謁見を行われた。

謁見中の講話で、教皇は先日行われたパナマ司牧訪問について報告された。

教皇は、1月23日(水)から27日(月)まで、カトリックの若者たちの祝祭「世界青年の日(ワールドユースデー、WYD)大会」出席を目的に、開催国パナマを訪れていた。

パナマで受けた温かいもてなしに感謝を述べた教皇は、人々の歓迎の中でも、特に子どもを腕に高く掲げた多くの両親たちの姿を思い出された。

「この子はわたしの誇り、わたしの未来です」と言っているかのような、これらの両親たちに、教皇は尊厳を見出すと共に、人口減少という「冬」を体験している欧州に対し、子どもたちこそが未来の安定を保証するというメッセージを感じたと述べられた。

この「ワールドユースデー・パナマ大会」に先立ち、先住民族の若者たちの集いが行われたことを、教皇はラテンアメリカの教会の多様性を示す重要な行事として評価された。

教皇は、WYD大会のため世界中から集った、国籍も言語も異なる若者たちの喜びにあふれたシンフォニーは、民族間の出会いに自らを閉ざす今日の紛争的な国家主義に対抗する、預言的なしるしであった、と語られた。

「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように」(ルカ1,38)という受胎告知のマリアの言葉をテーマにしたWYDパナマ大会は、マリアのように神に「はい」と答えるよう、新しい世代を励ますものとなったと教皇は説明された。

特に「十字架の道行き」では、十字架を担ぐイエスの後をマリアと共に歩むことが、忍耐強く、静かな、具体的な愛の学び舎となることを説いた、と述べた。

また、WYD大会記念ミサの前夜祭では、神のご計画に「はい」と答えることによって世界の歴史に影響を与えることになったマリアを、「神のインフルエンサー」として若者たちに示した、と教皇は話された。

閉会行事であるWYDパナマ大会記念ミサでは、「明日」ではなく「今」が大切であると説き、「いつかそのうち」ではなく「今」福音を生きるようにと招いた、と話された。

さらに教皇は、この機会に少年刑務所で赦しの秘跡をとり行われたこと、エイズ患者のためのファミリーホームを訪れたことなどを紹介。

中米諸国の司教らとの出会いでは、聖オスカル・ロメロ大司教を模範として示し、パナマ大司教区のカテドラルでは、新しい祭壇の聖別式をとり行ったことなどを振り返られた。

30 1月 2019, 16:50