ベータ版

Cerca

Vatican News
バチカンで行われた、教皇フランシスコによる一般謁見 2018年10月31日 バチカンで行われた、教皇フランシスコによる一般謁見 2018年10月31日  (Vatican Media)

「キリストが啓示する、完全で忠実な婚姻的愛」教皇一般謁見

教皇フランシスコは、一般謁見のカテケーシスで、モーセ「十戒」の第6戒「姦淫してはならない」の考察をまとめられた。

教皇フランシスコは、バチカンで10月31日、水曜恒例の一般謁見を行われた。

謁見中のカテケーシス(教会の教えの解説)で、教皇は、先週から続く、モーセ「十戒」の第6戒「姦淫してはならない」の考察をまとめられた。

キリストの忠実な愛を際立たせる掟

「『姦淫してはならない』という掟は、キリストの忠実な愛を際立たせると共に、人間的愛情の美しさを生きるための光である」と教皇は強調。

「この掟は結婚の忠実について述べていることは明白であるが、その婚姻的意味をより深く考察することは有意義である」と話された。

神から皆に向けられた掟

それでは、忠実さを命じるこの掟は誰に向けられたものなのか。教皇は、「実際には、この掟は皆に向けられたものであり、それは神がすべての人に向けた父としての言葉である」と述べられた。

「人間的成熟は、受け取ることから、与えることへの、愛のプロセスにある」と教皇は述べつつ、「成人の男女となることは、結婚し、子どもを産み育てる心構えに至ることを意味するが、それは人生の様々な状況の中で、他者の重みを自らが背負い、曖昧さ無しに愛することができるという態度によって表される。従って、それは、現実を引き受け、他者との深い関係に入ることができるという、人間の総体的な姿勢と言える」と説かれた。

自分中心でない状態に到達する必要

では、「姦淫する者」「不忠実な者」とはどういう人なのかと教皇は問い、それは自分のためだけに人生を生き、自分の幸福や満足を基準に状況を解釈する、未熟な人のことであると、話された。

「『結婚』するためには、結婚式を挙げるだけでは十分でない。そこには『わたし』から『わたしたち』への歩みが必要であり、一人で生き考えることから、二人で生き考えるようになることが必要」と教皇は述べた。

そして、「自分中心でない状態に到達することで、すべての行動は婚姻的なものとなる」と語られた。

司祭・奉献生活者の召命にある婚姻性

司祭職は婚姻的なものと教皇は述べ、それは司祭が、共同体にすべての愛情と、具体的な世話、主が与える知恵をもって奉仕するよう、キリストと教会において召し出されているからである、と説明された。

奉献生活者のキリストにおける貞潔も、忠実と喜びをもって、婚姻的関係と、母性・父性的豊かさを生きると言う意味で、同様であると話された。

人間の体は享楽の道具ではない

教皇は、キリスト教的なすべての召命は、婚姻的であると再び強調。なぜなら、それは、わたしたち皆がそれによって再び生まれ変わった、キリストとの愛の絆の実りだからである、と説かれた。

「人間は、精神と体の不可分な一致において、そして男性と女性という両極性において、それ自体良いものであり、愛し、愛されるように招かれている。人間の体は享楽の道具ではなく、わたしたちの愛の召し出しの場所である。真の愛には、淫蕩や軽薄のための余地はない」と教皇は述べられた。

教皇は、「姦淫してはならない」という掟を、「キリストがわたしたちに啓示し与えられた、完全で忠実な婚姻的愛という本来の召命へと、わたしたちを導くもの」として示された。

31 10月 2018, 17:38